Paramount Home Entertainment (Japan) Limited

Episode23  第23章

シェリー、ドナ、オードリーに謎の手紙が届き、3人はロードハウスに呼び出される。 クーパーが通報を受けてホテルの部屋に踏み込むと、見知った女が銃を構えていた。 惨劇が起こり、「キラー・ボブ」が現れる。奴が消えると、小さな男が登場し、踊り始めた。

Episode24  第24章

ベン・ホーンは、友人の青年実業家ジャックと絶滅に瀕するイタチ「パイン・ウィーゼル」の保護運動を始める。クーパーは、ダブルRダイナーで働き始めた、ノーマの妹、アニーに好感を持つ。トルーマンはあの惨劇以降、自暴自棄になってしまう。

Episode25  第25章

コールがアールの資料を持ってやって来た。ダブルRで、クーパーが少佐たちの刺青を組み合わせた絵を紙ナプキンに書く。それを見てアニーは「フクロウの洞窟の絵では?」と言う。クーパーたちは洞窟に同じ絵を見つけ、さらに不思議な物を発見する。

Episode26  第26章

ロードハウスでは「ミス・ツイン・ピークス」の準備委員会が開かれていた。クーパーはアニーと湖のボートに乗る。ドナは、母アイリーンにベン・ホーンとの関係を詰問する。イースター・パークの見晴らし台で、若い男の死体とメモが発見された。

Episode27  第27章

少佐は、クーパーとトルーマンに、アールが悪を培養するための秘密の場所ブラック・ロッジについて語ったビデオを見せる。ルーシーやアニーも「ミス・ツイン・ピークス」に応募した。アールは洞窟の絵を見て、ブラック・ロッジへの地図だと興奮する。

Episode28  第28章

クーパーは、トルーマンに「『キラー・ボブ』はブラック・ロッジから来る。ブラック・ロッジこそトルーマンが言っていた『森の魔物』だ」と自分の推理を話す。ついに「ミス・ツイン・ピークス」が発表されると、ロードハウスの明かりが突然消えて……。

Episode29  第29章

クーパーは1人でブラック・ロッジに入っていく。クーパーは10時間経っても戻ってこない。オードリーは開発反対運動のため、貸し金庫の鉄格子に自分を縛る。朝、ハリーとドクが付き添っているベッドでクーパーは目を覚ます…..。

ページ先頭へ