ページTOPへ
パラマウント・ピクチャーズ

EPISODE

第1話「バルカンの挨拶」 THE VULCAN HELLO

バルカンの挨拶

惑星連邦の辺境を調査していたUSSシェンジョウは、未知の物体に遭遇。副長のマイケルはかつてない試練に直面し、対応策を巡って信頼する船長と対立してしまう。

第2話「連星系の戦い」 BATTLE AT THE BINARY STARS

連星系の戦い

クリンゴン艦に遭遇したUSSシェンジョウは、多数の応援船が集結する中、クリンゴンと交渉を試みる。命令違反で拘束されたマイケルはバルカン式の教育を振り返り、事態解決の道を探る。

第3話「支配する者」 CONTEXT IS FOR KINGS

支配する者

終身刑を宣告され護送中のマイケルはUSSディスカバリーに拾われる。ロルカ船長の命令で機関部に配属されるが、数々の謎に疑問を抱き、密かに船の秘密を調べ始める。

第4話「殺戮者のナイフは子羊の悲鳴など気にかけない」
THE BUTCHER'S KNIFE CARES NOT FOR THE LAMB'S CRY

殺戮者のナイフは子羊の悲鳴など気にかけない

クリンゴンとの戦争で劣勢に立たされる惑星連邦。マイケルはディスカバリーで新しい任務を与えられるが、それはこの戦争の趨勢を左右する重大な研究だった。

第5話「我に苦痛を与えよ」 CHOOSE YOUR PAIN

我に苦痛を与えよ

クリンゴンに捕らえられたロルカの救出を急ぐサルーは冷静さを失い、マイケルはスタメッツらと協力して打開策を考える。一方、ロルカは監房でアッシュ・タイラー大尉と悪名高いハリー・マッドに出会う。

第6話「忘却の川」 LETHE

忘却の川

保安主任に起用されたタイラーとの距離感に戸惑うクルーたち。一方、マイケルはサレクが瀕死の危機にあることを察知し、ロルカに救出を要請する。そして突然現れたコーンウェル提督はロルカの戦術に疑問を呈する。

第7話「正気を狂気に変えるマジック」 MAGIC TO MAKE THE SANEST MAN GO MAD

正気を狂気に変えるマジック

ディスカバリーの乗組員が船内パーティーで盛り上がる中、ロルカに復讐を誓うハリー・マッドが船に侵入する。巧妙なトリックで船員たちを翻弄するマッドに対し、スタメッツだけが真相に気づく。

第8話「汝、平和を欲するなら、戦いに備えよ」 SI VIS PACEM, PARA BELLUM

汝、平和を欲するなら、戦いに備えよ

遮蔽技術を有するクリンゴンに苦戦する宇宙艦隊。ディスカバリーはそれを無効化する術を求め、とある惑星に目をつける。マイケル、サルー、タイラーの3人が重大任務を遂行することに。

第9話「深き森の奥へ」 INTO THE FOREST I GO

深き森の奥へ

クリンゴンの遮蔽装置を見破り戦争に勝利するため、ロルカは宇宙艦隊の指示に背いて賭けに打って出る。前代未聞の作戦にスタメッツは当惑し、マイケルとタイラーは危険な潜入に挑む。

第10話「我の意志にあらず」 DESPITE YOURSELF

我の意志にあらず

胞子ドライブでのジャンプの事故で平行宇宙に放り出されたディスカバリー。未知の領域で乗組員たちは一丸となって元の宇宙へ戻る方法を探すが、そこでは予想外のことが次々に起こっていた。

第11話「内なる狼」 THE WOLF INSIDE

内なる狼

テラン帝国で偽装を続けるマイケルは反乱軍の基地に潜入するが、そこで予想外の事態を招いてしまう。ディスカバリーではティリーが、衰弱しているスタメッツの回復に全力を挙げていた。

第12話「大それた野心」 VAULTING AMBITION

大それた野心

テランの皇帝の正体に衝撃を受けたマイケルは、皇帝の呼び出しでロルカを連れて宮廷船に向かう。予期せぬ助けを得たスタメッツは遂に意識を取り戻すが、ジャンプに使う胞子網に危機が迫っていた。

第13話「過去は序章」 WHAT'S PAST IS PROLOGUE

過去は序章

ロルカは皇帝に対し再びクーデターを起こし、マイケルを仲間に引き入れようとする。それを拒否するマイケルは、ディスカバリーと連絡を取り、元の宇宙に戻るため反撃を開始する。

第14話「外なる戦い、内なる戦い」 THE WAR WITHOUT, THE WAR WITHIN

外なる戦い、内なる戦い

ディスカバリーは無事に元の宇宙に戻るが、クリンゴンとの戦争は惑星連邦の敗北に傾きつつあった。戦局を一変させるため、マイケルは連れてきた皇帝に助言を求めるが、皇帝は裏で過激な手を企てていた。

第15話「新たなる旅立ち」 新たなる旅立ち WILL YOU TAKE MY HAND?

新たなる旅立ち

皇帝が戦争を終結させる計画の指揮を執るが、マイケルたちはその破滅的な計画の真相を知り阻止を試みる。過去の過ちを断ち切り、マイケルは自身が引き起こした戦争を終わらせられるだろうか―。

第1話「義弟」 BROTHER

義弟

エンタープライズのパイク船長が、ディスカバリーの船長として転任。突如宇宙に出現した謎の信号の調査を始めるが、マイケルは義弟スポックがそれに関係する調査を既に行っていたことに気づく。

第2話「ニュー・エデン」 NEW EDEN

ニュー・エデン

スポックの現状を知り愕然とするマイケル。一方、再び出現した信号を調査するディスカバリーは、宇宙の果ての惑星に辿り着く。そこには赤い天使に導かれ200年前に地球の核戦争を逃れて来た人々の子孫がいた…。

第3話「闇の中の光」 POINT OF LIGHT

闇の中の光

息子スポックに会えなかったアマンダがマイケルを訪れ、子供2人の確執を知る。一方、クリンゴン帝国ではルレルが総裁となっていたが、タイラーや彼らの子供までもが権力闘争に巻き込まれてゆく。

第4話「生と死と」 AN OBOL FOR CHARON

生と死と

謎の球体に捕まったディスカバリー。死に瀕した球体は彼らに10万年分の記録データを渡すが、その影響でサルーに深刻な変化が訪れる。さらにティリーが胞子のネットワークに飲み込まれてしまう。

第5話「薄れゆく境界」 SAINTS OF IMPERFECTION

薄れゆく境界

スポックのシャトルを追う中で、マイケルはセクション31に所属するジョージャウとタイラーに再会する。一方ネットワークに囚われたティリーの救出作戦は困難を極めるが、思わぬ人物も助けることに…。

第6話「雷鳴」 THE SOUND OF THUNDER

雷鳴

サルーの故郷近くで新たな信号が観測される。宇宙艦隊の規則でサルーは故郷に干渉出来なかったが、球体のデータから彼の種族ケルピアンの驚くべき真実を知り、種族を救おうと戦う。そこに赤い天使も現れて…。

第7話「光と影」 LIGHT AND SHADOWS

光と影

信号と赤い天使が消えた跡の空間を調べるパイクとタイラーは、謎の探査機の襲撃を受ける。スタメッツの活躍で事なきを得るが、エアリアムに影響が出てしまう。一方マイケルは、遂にスポックと再会する。

第8話「記憶の痛み」 IF MEMORY SERVES

記憶の痛み

スポックの心の治療のためマイケルは危険を冒してタロス4号星へ行き、お互いの秘密の記憶を知り合う。同じ頃、2人の捕獲か保護かを巡りセクション31とディスカバリーの競争が始まっていた。

第9話「ダイダロス計画」 PROJECT DAEDALUS

ダイダロス計画

コーンウェル提督がディスカバリーに内密な相談を持ちかける。それを糸口に、敵の正体とその恐るべき目的が判明するが、その敵に操られたエアリアムがマイケルたちに攻撃を仕掛ける。

第10話「赤い天使」 THE RED ANGEL

赤い天使

大切なクルーを失い、惑星連邦を脅かすコントロールへの対策を話し合うディスカバリーの面々。セクション31と協力して赤い天使を捕獲しようとするが、危険を冒したマイケルが見たその意外な正体は…。

第11話「永遠なる無限」 PERPETUAL INFINITY

永遠なる無限

赤い天使が残した記録から、マイケルは家族を襲った悲劇と宇宙の恐ろしい未来を知る。一方、体を乗っ取られたリーランドは球体のデータをセクション31に移そうとするが、ジョージャウが正体を見抜く。

第12話「影の谷を歩むとも」 THROUGH THE VALLEY OF SHADOWS

影の谷を歩むとも

成長したタイラーの息子から試練を与えられたパイクは、宇宙の未来を守るため究極の選択を迫られる。一方マイケルとスポックは、罠を仕掛けてコントロールを閉じ込めようとするが反撃に遭う。

第13話「甘い悲しみ(前編)」 SUCH SWEET SORROW

甘い悲しみ(前編)

球体のデータをコントロールに渡すまいと、マイケルたちはティリーの友人の協力で、ディスカバリーごと未来に送ろうと計画する。しかしリーランドが率いる艦隊との決戦が迫っていた。

第14話「甘い悲しみ(後編)」 SUCH SWEET SORROW, PART 2

甘い悲しみ(後編)

数で押され不利な状況に陥るディスカバリーとエンタープライズだが、そこに意外な援軍が駆けつけてくる。そして未来へ旅立つマイケルには、スポックとの別れの時が近づいていた。