ビバリーヒルズ高校白書

Episode エピソード紹介

【シーズン8の見どころ】
実社会に飛び出した「ビバリーヒルズ青春白書」の仲間たち。しかし自分たちが思い描いていたほど人生は甘くなかった!ブランドン、ケリー、ドナ、デビッド、スティーブ、バレリー、ノア、カーリーたちそれぞれが、今までの学生生活から離れ、社会人として、恋愛や人生に悩みながら新たな人生を切り開いていく。発砲され負傷したケリーが回復するまでの様子や、ブランドンとケリーのウエディング・プラン、薬物依存になってしまうドナなど、話題満載で刺激的な全30話で贈るシーズン8。

第204話   『大学は出たけれど/バカンス・イン・ハワイ』
     “ALOHA BEVERLY HILLS: PARTS 1&2”

一緒に住み始めていろいろ問題が浮上してきたケリーとブランドン。ドナは自分のビーチハウスに住むようデビッドを説得する。働いていたレストランでスティーブともめたカーリーは、ウェイトレスをクビになってしまう。ドナの撮影の仕事に便乗して、仲間たちはみんなでハワイの休暇を楽しむ。

第205話   『銃撃のあと』   “FORGIVE AND FORGET”

走行中の自動車から銃撃されたケリーが回復に向かうなか、ブランドンはケリーを撃った犯人を探す。ドナはデビッドとの関係を母親に打ち明ける決心をし、ノアとバレリーは情熱的な夜を二人で過ごす。そして、スティーブはカーリーにピーチピットの仕事を紹介する。

第206話   『記憶喪失』   “THE WAY WE WEREN’T”

記憶喪失と戦うケリーは、彼女の命の恩人であるノアに親近感を感じる。そんなとき、ブランドンにシアトル・タイムズから仕事のオファーが。シアトルに行くべきか、ケリーの元にとどまるべきか悩むブランドン。ドナは仕事中に上司の犬を見失って大変なことに。

第207話   『過去を探し求めて』   “COMING HOME”

ケリーの記憶はまだ完全に戻らない。スティーブとブランドンは二人でビバリー・ビートの創刊号を発行する。ノアを追いかけ続けるバレリーは、彼の暗い過去を知る。カーリーがデートに出かける間スティーブはザックの面倒を見ることに。

第208話   『正義の報道』   “THE RIGHT THING”

ブランドンとドナから、スティーブの父親が労働搾取工場に関わっていることを聞いたスティーブは、父親に問いただす。金銭的な問題を抱えるデビッドはどんどん悪循環に陥っていく。バレリーはドナのクライアントを横取りし始める。

第209話   『野放しの銃撃犯』   “PRIDE AND PREJUDICE”

銃撃事件のあと、過保護になったブランドンとケリーは意見が食い違って言い争う。深夜クラブで歌うバンドの歌が差別的な歌詞だと分かり、問題に発展する。クライアントを横取りしたバレリーに報復するドナ。スティーブはカーリーから予期しなかったキスをされ、二人の仲は一歩前進。

第210話   『カップルたちの戸惑い』   “TOIL AND TROUBLE”

デビッドの財政問題は大きな負担になっていく。秋祭りのパーティでノアとクーパーが偶然出会い、バレリーが二股をかけていることが判明。クーパーはバレリーの元を去っていく。ドナは降霊術の会を手伝うことに。スティーブは秋祭りにカーリーを連れて行く。